NJPW G1Tag 2011 後夜祭

2011年のG1タッグも終わりました。
チーム編成をながめてみますと、なんとなく高齢化してるのがうかがえます。
おっちゃんばかりが活躍してるように見える新日本プロレス。もうちょっと頑張らんとね。

正規軍とヒールのCHAOSだっけ?
そんな図式は、そろそろいいんじゃないでしょうか?
名が通っているのはやっぱり第3世代で小島も戻ってきちゃったし、世代間闘争にシフトしていったほうがヒートアップしるような気がしますな。

その昔、それぞれの団体の顔が馬場・猪木だった頃からプロレスファンで、しかもアタクシは全日本贔屓でありました。
時代は流れてもそのあたりのDNAじみたモノに変化はなく、あまり興味をもてない新日本。
今回なんとなく予想をしたところ予選リーグの勝敗的中率は80%、昨夜の優勝チームも当ててしまうという、本人がイチバン驚いちゃった結果になりました。

G1の冠がついてる割にはメンツがショボくて、意外性を含んでいるチームが見当たらない点は事情に残念。
Aブロックの田中&高橋組なんかが決勝まで来るようだと楽しかったかもしれませんね。

決勝トーナメント3試合も、なんとなく結果が透けて見えましたな。
今後の興業を転がしていくなら、この結果がイチバンでありましょう。


さて、今月19日より同じ後楽園ホールから最強タッグがはじまります。
アタクシにとりましてはこちらがメインディッシュ。
今からとっても楽しみであります。

NJPW G1Tag 東京・後楽園ホール

今回はじめてG1タッグリーグ戦の対戦予想をしてみたのでありますが、こんなに順当に進むモノだとは、ちっとも考えておリませんでした。
まずは星取表です。

2011g1tag_20111106.gif


ちなみに青で記入っされている箇所が的中部分であります。
的中率は76.6%というかなりの確率。この選手が好きで好きで・・・という、プロレスファン特有の思い入れが邪魔しなかったことが勝因かもしれませんな。

それでは本日開催の優勝トーナメント・エントリーチームを見てみましょう。

バーナード&アンダーソン
メジャー団体の2冠タッグ。磐石に見えますな。どちらかといえばバーナードのパワーファイトではなくアンダーソンの巧さが際立ってきています。優勝に一番近いのかな・・・やっぱり。


棚橋&後藤
力はまだまだ未知数のチーム。この決勝トーナメントを機に開花すると面白いのですが・・・いかがでしょう?


中邑&矢野
一見噛み合わなそうに見えるのですが、ガチッと歯車が合うと予選負けなし!みたいになっちゃうんですよね。
中邑はG1も獲ったし、ここが優勝するシチュエーションがいちばんつまらない結果になりそうに感じます。

みのる&アーチャー
全日に参戦していた頃、ケアとのタッグで世界タッグはとったものの最強タッグの優勝は逃してしまった鈴木選手。
今後の展開も考えると、個人的にはここで優勝するとおいしそう・・・。


ではではお待ちかね、優勝トーナメントの予想です。

準決勝

棚橋&後藤 ○ VS バーナード&アンダーソン
みのる&アーチャー ○ VS × 中邑&矢野

決勝

みのる&アーチャー ○ VS × 棚橋&後藤



そろそろ後楽園大会開始の時刻!
緊張をはらみながら観戦しましょ!

2010 グローバルリーグ 後夜祭

だらだらと続いたグローバル・リーグでありましたが、うっかり目を離したらあっけないほどスッと終わっておりました。

大変遅くなりましたが後夜祭をおっぱじめようと思います。

2010GlobalTag_final.png

星取表のとおりAブロックは秋山選手、Bブロックからは”帝王”高山がエントリー。同日の決勝では帝王の勝利となったワケですな。

全日本では武藤社長が戦線離脱し小島っちが”卒業”。浜亮太が初防衛に失敗なんて出来事もありました。

新日本では真壁選手がIWGP奪取と春になっていろいろと動きだしたようです。

ノワさんはどーなんでしょうな。
顔ぶれを見る限り平均年齢が上がってきてる気がしますが・・・流行りの高齢化でありましょうか。


リーグ戦全30戦中、予想が的中したのは16試合。
かろうじて半分は当てたといった結果となりました。ノワさんには個人的に魅力を感じる選手がいるワケではないので・・・次回取り上げるのはいつになるかわかりません。

心配なのはやはり全日本。
諏訪魔・河野・真田・浜亮太の新世代4選手が立ち上がったようですが、「あの頃」の四天王のようになれるのかどうか。ハラハラしながら見守っていこうと考えておりますよ。

それではみなさま、またいつか。

2010グローバルリーグ 札幌テイセンホール

星取表の升目がずいぶん埋まってきたグローバルリーグ。
ようやく中盤戦にさしかかったようであります。

今宵の会場は札幌テイセンホール。
検索精度の高いGoogleにも関わらずググってみると「サッポロテイセンボウル」の方が上位表示しちゃたりして寂しくなりますな。

どのくらい収容できるのか調べようと思っただけなのに・・・。
そんなこんなで星取表です。

2010GlobalTag_10.gif

夜の札幌に川田利明選手が降臨!(深い意味はありません)
対戦相手は帝王高山!楽しみです。

ハッスルがあんなことになって川田選手の露出が減ったのがとても残念なところ。もっと勇姿を見せてほしいなと思っています。


もう一戦は杉浦VSパイソン・スミス・・・んっ?バイソンか?まぁいいや。


後ほど2010ジュニア・タッグリーグ戦をアップします。
コチラもお楽しみに。

2010グローバルリーグ 釧路・鳥取ドーム

ノワさんのグローバルリーグ戦、次は釧路大会であります。
んっ?釧路なのに鳥取?しかもドーム!?
・・・と、軽く混乱させられました。ググったところ砂丘のあるアソコではなく、みなさんご存知の釧路みたいですな。そっか、次は北海道ですか。


2010GlobalTag_09.gif

そんな釧路大会では、バイソン・スミスVS健介選手と高山選手VSヨネというカード。団体に所属していない健介&高山にしてみればそんなに簡単には負けられない立場ですからな。今日の予想は鉄板なのではないでしょうか?


しかし博多大会の次に釧路大会って、どんな予定なんでしょう?


まさか水曜どうでしょうよろしくサイコロ振って決めてんぢゃねーべな?


え〜、次回釧路大会の開催は22日。
皆様、しばしのお別れであります。

2010グローバルリーグ 博多スターレーン2

久々にお日様が照っている日曜日。
ノワさんのグローバルリーグ戦も第8戦めとなりました。
今夜は博多スターレーンでの2発めの興業であります。

では星取表をどーぞ。

2010GlobalTag_08.gif

Aブロックでは、先日GHCタッグベルトを奪取したバイソン・スミスがとうとう登場!
このリーグ戦も燃えないワケはありませんわな。


Bブロックには2敗を献上してしまった丸藤選手VSヨネ。
ケツに火がついたじょうたいですから、負けられんでしょう。


ごった煮はそんな読みをしてみましたが、結果は如何に?

2010グローバルリーグ 博多スターレーン

4月も半ばを過ぎたというのに、外はみぞれが降っている土曜日の朝。
皆様おはようございます。あたくし手がかじかんでチクビはピンコ立ちでございます。


さて川田選手が参加するもののリーグ戦はない様子。
予想もあんまり気乗りしませんが、こんなカンジでひとつ。

2010GlobalTag_07.gif


とりあえず杉浦選手はGHCチャンプですか。
この辺で健介サンに負けて驚かせてほしいところであります。


Bブロックでは森嶋VS斎藤。
「よく知らんけど、あのデブ強いんでしょ?」ってくらいの知識はあったりするので、森嶋選手に一票!


所用で外出する予定時間が迫って参りました。
それではまた明日、博多スターレーン第2弾でお会いしましょう・・・川田選手のリーグ戦はまたなしみたいなので、明日もさらっと終わりそうですが。

2010グローバルリーグ 米子コンベンションセンター

2010グローバルリーグ戦の途中でありますが、大阪府立体育会館2日めにはGHCタッグのタイトルマッチもあったんですな。ジュニアのタイトルマッチならいざ知らず、リーグ戦にも参加しつつ合間にタイトルマッチってあんまり聞いたことがありません。狙いどおり負けちゃってるし。


バイソン・スミスにキース・ウォーカー。残念ながら名前すら知りませんでしたが、おっかない顔をしてます。こりゃキツいわ。



さてグローバルリーグ戦を見てみましょう。星取表でございます。

2010GlobalTag_06.gif

次回米子大会では奇しくもタッグ王者から陥落した力皇選手とヨネ選手がそれぞれ登場。まぁ負けるでしょう。以上しゅぅりょーぉ。


流行っているんだかどうかは知りませんが、なにやら通信簿くれるっつーんでやってみました

tushinbo_img.rb.png


どうやらごった煮は「図書委員タイプ」なのだそうであります。
そしてもっと自分の意見を言った方がいいとも・・・。別に我慢したりしていないんですけどねぇ。


さて米子大会は、明日金曜日。
土曜には暖かくなるそうですから、2日ばかり冬に戻ってしまったような天気を楽しみましょう。

2010グローバルリーグ 大阪府立体育会館第二競技場2

ノワさんのグローバルリーグは昨夜・今夜と連夜の開催。
同じ会場で2夜連続で興業をぶつってのを見慣れていないせいか、不思議な感じがしますな。


それでも川田選手が登場しますから、遠方からでも駆けつける価値があるかもしれません。ではでは昨夜までのおさらいと今夜の展望でございます。星取表をどーぞ。


2010GlobalTag_05.gif


この時点でグローバルリーグ戦の初戦すらしていないレスラーがいます。
シングルのリーグ戦をいままで温存してきたノワさん、いざ始めてもじじぃの小便のようにちょろちょろと小出しにしております。「ちゃっちゃとやれや!」ととりあえずは吠えときますね。


そして4月18日には、全日本プロレスで2010ジュニア・タッグリーグ戦が開幕!


2010Jrtag00.gif

ごった煮は直前情報をお届けする予定でいたりなんかしますので、こちらもお楽しみにしていてくださいな。

ではでは、本日はこの辺で。

2010グローバルリーグ 大阪府立体育会館第二競技場

冬に戻ったような非常に寒い月曜日、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
あっという間に終わってしまったチャンカンの後夜祭の前に、サラッとノワさんのグローバルリーグ大阪大会を予想してみましょう!


毎度お馴染み星取表でございます。

2010GlobalTag_04.gif

もったいつけてるんだかなんだか、空欄がまだたくさんありますな。
埋まるのは5月ですか・・・非常に長くて、すでの中折れぢゃなかった中だるみに入りそうな勢いのごった煮。最後まで飽きずについていくことができるのでしょうか?ちょっと不安だったりしております。


さて主要会場での開催であります、大阪大会。
あの黄色と黒のデンジャラスな漢が登場します。対戦相手はGHCジュニア、世界ジュニアを腰に巻き、IWGPジュニアについては現役のタイトルホルダーである丸藤選手。両者にとっていろんな意味でヘビーな戦いになりそうな気配がしますな。


もう一試合は佐野巧真VS佐々木健介。
新日本プロレスを退団後紆余曲折を経て箱舟で相見えることとなった両者、時期が違うから感慨はないのでしょうか?それとも・・・。
ゴングは明日、13日18時30分だそーであります。


さてお待ちかね!チャンカン後夜祭に移りますよ〜ん。

2010グローバルリーグ Zepp Nagoya

まさかのドロースタートとなった川田選手。
久しぶりに会った昔の仲間は結構成長しちゃっていたりして、きっと浦島太郎状態でありましょうな。


そんでヨネっていうのは・・・元バトラーツの選手とのこと。
ウッ、バトラーツも名前くらいしか知らないから、これ以上の身元追跡は止めときます。

2010GlobalTag_03.gif

ノワさんの興業に参加している顔ぶれを見てみると、川田選手は主要会場のみスポット参戦で興業に帯同しているワケではないようであります。全国の川田ファンは、そのあたりを見計らって観戦いたしましょう。


後ほどファイナリストが決定となるチャンカンの模様をお届けします。
しばし、お待ちを!
タグ:ノワ

2010グローバルリーグ 後楽園ホール

NOAH旗揚げというより全日本プロレスが分裂してから観なくなっちゃったノワさんですが、あまりパワーバランスというか変わらんもんですな。
丸藤選手は天才として、他はあんまり・・・。


そんな風に考えると、的中率が上がらなきゃマズいんぢゃね?と逆に自分にプレッシャーがかかっちゃったりして。そんなわけで星取表をどうぞ。


2010GlobalTag_02.gif


さて、次戦4月10日後楽園ホール大会にはいよいよ川田選手がグローバルリーグに登場します。相手はモハメド・ヨネ・・・誰?


昭和の頃の古き良き時代、「まだ見ぬ強豪」と呼ばれる助っ人外国人レスラーが来襲したものです。凄い選手に混じって思い切りコケちゃったヒトもいたりしましたが、幼心にワクワクしたもの。


モハメド・ヨネ選手はどうなんでしょ?
おぉっ!GHCタッグ王者ですか、ヘェ〜。健闘を祈ります。



秋山VS健介はちょっと注目。
実際にはどちらが強いんでしょうな。どーも甲乙つけがたいので、ドローにしとくことにします。


しかし、ノワさんのウェブサイトは扱い辛いですな。
末席ながらウェブサイトを作ったりする仕事をしている視点から拝見させていただくとナビゲーションが悪すぎです。


どのコンテンツを選んでも同じページなら、逆L字の体裁をとる必要ないと思うんですが・・・。まあこれもグローバルリーグ戦がおわるまでの辛抱、辛抱。


次戦のグローバルタッグは10日ですが、3日からはチャンカンが始まります。次に皆様とお会いするのは4月の頭ってことでよろしくお願いします。それまではしばしお待ちを。

2010グローバルリーグ パシフィコ横浜大会

いよいよグローバルタッグの開幕であります。
冬に戻ってしまったような気候で、外出もためらわれる日曜日。パシフィコ横浜ではもう大会が始まっている時間です。


祝!川田利明グローバルリーグ参戦ってことで、はじめてノワさんを取り上げてみたものの、考えてみたらよく知らん選手ばかり。初戦の予想から熟考してしまいました。まぁ、知らないんだからいくら考えてもわからないんですけどね。


そんなこんなで予想をゴン!

2010GlobalTag_01.gif


Aブロックの力皇VS佐野戦ははっきり言ってお手上げです。
Bブロックは初戦から番狂わせを予想してみました。


ハイ!かなり淡白なカンジでお送りしましたよ。


それで今日の川田選手は・・・


齋藤彰俊&青木篤志VS川田利明&宮本和志


宮本・・・久しぶりに聞いた・・・ノワさんに参戦してたんですね。

2010グローバルリーグ 前夜祭

すっかり春めいてまいりましたな・・・なんて考えていたら川田利明 Noahのグローバルリーグに参戦の一報。そっかそれじゃやらねば!というわけで久々に復活のごった煮、グローバルリーグを斬ってみましょう。


noah_logo.png

まずは初めてのノワさんなもんで、グローバルリーグのロゴなんぞを勝手に作ってみました。
アプリを起動してスペルを確認して・・・と所要時間はわずか5分ほど。
なんだかすげぇなGIMPは!


さて、それでは星取表をご覧ください。

2010GlobalTag_00.gif

日程を追いかけてみると3月末から5月頭までという長丁場。
こんなにひとつのシリーズが長いの?と調べてみると、どうやら複数シリーズにまたがったいるようです。なんだか新鮮なことやってるんですな、ノワさんは。


そーいや久しぶりに拝見したはずなのに、ノワの顔ぶれはなんだか相変わらずの面子。なんだか田舎の町や村みたいに高齢化してんぢゃね?って気もしますな。ヨネって誰?


さて気を取り直して、グローバルリーグの初戦は3月28日ですか。
あと1週間ほどで開幕となります。
川田選手の日程を見ると、4月24〜25日が連戦のほかには程よく空いている様子。ガッツリ応援したいと思います。

アジアタッグ復活!チャンピオンが決定

まずはトーナメントの結果から。


アジアタッグチャンピオン決定T−Final



ご覧のとおり第81代アジアタッグは愚連隊となりました。
滅多にはない機会なのでしょうけれど、こんなトーナメントを正月シリーズの頭に持ってくるあたり商売上手だなと、感じさせますな。

キング・コング、タイガー・ジョキンダー組名前はおろか、どんな顔や体つきをしていたのかすらわかりませんが、この方々が初代アジアタッグのタイトルホルダーなのだそうであります。幼少の頃から全日本プロレスに慣れ親しんできたあたくし、アジアタッグというとグレート小鹿&大熊元司組が今だに浮かんだりするのですが、時代は流れたものですな。


由緒ある日本最古のタッグベルト。空位のまま封印されちゃうのかと思っていましたが、とりあえず復活されてよかったなと感じています。今後とも益々黒光りさせて欲しいものです。

2009新春シャイニング・シリーズ 東京・後楽園ホール1発め

改めまして・・・あ・け・お・め!

正月に摂取する水分はみんなアルコールが入っているため、し●んべ●が臭え臭え・・・ってコメントをどこか違うブログでも書いた気がしますが、気にせずイッてみよ!


アジアタッグチャンピオン決定T−3


新年から予想はカタく!というわけではございませんが、カズ選手を従え完全にタイトル取りを狙いに来ている武藤社長をおさえるのはコジさんしかいないんじゃ?という気がしとります。IWGPに3冠、そしてアジアタッグなんて、いくらなんでもひとりでガメすぎですからな。

そしてとうとう武藤全日本に登場した高山善廣サンも気になる存在。
本日お昼からのアジアタッグもそうですが、ちょっと全日本プロレス楽しくなって参りましたな。

2009新春シャイニング・シリーズ 後楽園ホール開幕戦

年明けの新日ドームでは、復活すらしないと申しておきながら、早々と目覚めましたごった煮でございます。皆様、いかがお過ごしでしょうか。

まずは新年のご挨拶を・・・

『あけおめぇ〜!』

なんて記事をクリスマス前からシコシコとつくっておりますよ。なんて切ないんでしょう。
さて、大晦日の格闘技の祭典と4日の新日ドームの間を縫うようにして、これまた地味なアジアタッグトーナメント、全日本プロレスフリークでないと気づきすらしないかもしれませんな。まずはトーナメント表でございますよ。

アジアタッグチャンピオン決定T−1

武藤社長は大晦日放映のハッスルにもドームにも登場するのに、その合間も社員は休ませない模様。スタッフの方々並びにレスラーの方々、頑張ってください。

と、ひととおり関係各位にご挨拶も済みましたので、1月2日第一回戦の予想をドン!


アジアタッグチャンピオン決定T−2


あたくし的にはカズ選手を従え。微妙に本気モードの武藤&カズ組、そしてなんとなく縁の下に回りがちなケア&MAZADA、そしてイチオシは前王者コンビの諏訪間&土方あたりの載冠を予想しております。さてどーなりますやら。

次回はお酒が入ったヘベレケモードでお送りしたいと考えております。

2008 G1 後夜祭

連夜のメダルラッシュに湧いておりました昨夜、両国にてG1の最終戦が行われておりました。その頃ごった煮は以前にも書きましたが2006年07月以来マイボール&マイシューズ持参でのガチボーリング・・・。今日から平常勤務という方が多いし、ボーリング場がガラガラなわけやね。

さて今年の夏男を決めるイベント、星取表は次の通り。

2008G1両国2

Aブロックからは残念ながらなんちゃってブロディのあいつ。Bブロックからは対中邑戦の直接対決を制した後藤選手が登場。
セコンドの介入&凶器を使っても結局三流なんだってことがわかったかな?キングコングニードロップなんてゆーなよ、ただのお猿さんなんだから。

ってなわけで「外敵」として参戦した4名は見事に7点。しかも外敵同士でドローというなんだか揃えたような結果となり、外敵組がG1を制するという野望は今年も叶いませんでしたな。

星取表が埋まったところで発表しましょう!結果予想の的中率は54.7%・・・ウッ全日本でやってるときより良かったりして・・・。

さて優勝した後藤選手、このまま勢いづいて武藤社長のIWGPにどれだけ迫れることが出来るでしょう?形としては奪還しちゃうのが理想のケースなのでしょうな。でもそんなに思惑どおりいきますでしょうか。

雨期になると甦る肺魚のような期間限定ブログとなってしまったごった煮。次に目覚めるのは多分、年末の最強タッグかなぁ?ハッスルのトーナメントは非常に読みづらいし、ぶっちゃけた川田利明じゃなくてデンジャラスKのイメージを大切にしたいので・・・。ではまた、寒くなった頃にお会いしましょ!

2008 G1東京・両国国技館大会 Vol.1

昨夜の雨のおかげで今日はかなり涼しくすごせそうであります。
それでもまだ熱を帯びているのが苛酷なG1@両国。井上亘に○がつき、小島・大谷選手はいずれも譲らずドローと混沌として参りました。

泣いても笑っても今夜が最後。あとひとふんばりに期待しております。
ってなわけで星取表 ドン!

2008G1両国1

見どころは棚橋vs大谷戦と永田vs後藤戦。
棚橋が最後に意地を見せられるかに期待。永田、後藤両名は勝てば決勝進出も見えてくる大事な一戦となっています。

それぞれのブロック代表&優勝予想は昨日お伝えした通り。男に二言はナッシングであります。
それではまた明日、後夜祭でお会いしましょ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。