2012 JUNIOR HYPER LEAGUE 後夜祭

各スポーツ紙が報じておりますとおり、2012 JUNIOR HYPER LEAGUEの覇者は大和ヒロシ選手となりました。

2012_jr_hyperleague_11_final.png


奇しくも昨日書いた記事でアタクシが予想した

金本 VS ○大和
○近藤 VS KAI
近藤 VS ○大和

はすべて的中ということで、なんか降りてきたような気がしております。

2012_jr_hyperleague_11.png



決勝の3戦に各ブロックでの激闘30戦の勝敗予想の結果は、正解率66.6%
稀に見る数値ですな。新日金本選手も参戦表明した全日ジュニアの今後の動向がとっても楽しみ。
まずはKAI VS 大和の世界ジュニアをかけた攻防をワクワクしながら待ちたいと思います。

次に皆様とお会いできるのは、年末の最強タッグの頃になるかと。
それでは皆様、しばしのお別れでございます。

2012 JUNIOR HYPER LEAGUE 東京・後楽園ホール

とうとう2012 JUNIOR HYPER LEAGUEも大詰め。後楽園ホール最終戦、後楽園大会であります。
まずはここまでの激闘ぶりをサックリ見ることができる星取表でございます。

2012_jr_hyperleague_11.png


Aブロックからは金本浩二・KAIがエントリーします。
昨日の段階では田中・佐藤が決勝進出をかけてもう一戦という妄想をしておりましたアタクシにとってはちょっと残念なカタチ。生え抜きのKAI選手の2位進出を素直に喜べなかったりしておりますよ。

Bブロックは近藤修司・大和ヒロシが決勝進出!
なんと大和選手は最終戦でカズ越えを果たしての決勝トーナメント登場であります。

KAIと大和・・・いつまでもルーキーではないんですな。
まぁ現役チャンプを捕まえてルーキーもへったくれもありませんが・・・。これはこれで感慨深いのかなと。
スーパージュニアの上をいくハイパーリーグ。決勝でKAI VS 大和というのも見てみたい気がします。

2012_jr_hyperleague_11_final.png


金本 VS 大和のシングルマッチはひょっとしたら昨年のジュニアリーグ戦以来なのかもしれません。
今宵はここまで成長した大和ヒロシを見せつけて欲しいですな。

近藤 VS KAIについては、もう技の読み合いでありましょう。
チャンピオンの意地をみせるか、ベテランの凄みが光るのか。楽しみなカードであります。

では最後に後楽園ホール大会の勝敗予想を・・・。

金本 VS ○大和
○近藤 VS KAI
近藤 VS ○大和


今夜は大和ヒロシが頂点まで駆け上がる姿が見たいです!

後楽園ホール大会、午後6時ゴングです。

2012 JUNIOR HYPER LEAGUE 三重・四日市オーストラリア記念館

今夜の三重大会でブロック最終戦、そして明日の後楽園大会で今年の全日ジュニアの頂点が決定となります。
ではアタクシの予想付き星取表をどうぞ!

2012_jr_hyperleague_10.png


Aブロックトップ通過は金本選手となりました。
2位は田中・佐藤・・・直接対決がドローという結果ですので、決定戦にもつれ込む?選手は大変ですが、そんな盛り上がりも見せて欲しい所であります。ちょっと気になるのがクセのあるMAZADA選手、佐藤光留の2位通過の足を引っ張りそうな気もうっすらしております。JrチャンプのKAI選手も、プライドがありますからリーグ戦負け越しは避けたいところ・・・ちょっと混沌としておりますな。

Bブロックは負けなしで近藤選手がトップ通過!というかアタクシ的には雷神改SUSHI選手推しなので、ここで待ったをかけるSUSHIにも強く期待しております。近藤選手相手にドローと粘った大和選手もそう簡単に負けは許さないでしょうから・・・正直こちらも読めません。


後楽園大会にコマをすすめることができるのは果たして誰なのか。
今宵の三重大会、大注目でありますな。

2012 JUNIOR HYPER LEAGUE 滋賀・布引運動公園体育館

2012 JUNIOR HYPER LEAGUEもいよいよ終盤戦。
まずは星取表をどうぞ。

2012_jr_hyperleague_09.png


Aブロックはすでにトップ通過確定の金本選手。
2位通過はKAI・田中・佐藤の3選手が三つ巴といった様相であります。今夜の田中 VS 佐藤戦で見えてくるのではないでしょうか。

Bブロック、こちらも激戦ですな。
2試合を残したままのカズ選手。追いすがる大和選手は難敵に成長しました。このあたりの世代闘争は注目です。
1試合ごと慎重にこなしている近藤選手。最後となる対SUSHI戦を要注意と捉えています。なぜでしょう?ちょっと嬉しい(ノд`) 滋賀大会でのカードではありませんが、大注目の一戦です。

27日からはいよいよオリンピックも始まりますが。まずはJUNIOR HYPER LEAGUEに注目しましょ!

2012 JUNIOR HYPER LEAGUE 福井・鯖江市総合体育館

昨夜の長野大会でBブロックトップへと躍り出たSUSHI選手。
28日の近藤選手との公式戦を残すのみとなりました。

その近藤選手は対大和戦で痛恨のドロー・・・この結果がどう響いてくるのでしょう。
では星取表です。

2012_jr_hyperleague_08.png


現在はこんな具合。残り試合が3なんて選手もいるので、まだまだひっくり返ることはありえます。
あり得る・・・アリエル・・・エアリアル。
エアリアル選手、動きもシャープでケリも鋭いです。
残り2つはどちらも難敵でありますが、爪痕を残してほしいものですな。

では皆様とはまた明日。

2012 JUNIOR HYPER LEAGUE 長野・中野市民体育館

昨夜は新日本、Noahはタイトルマッチのラッシュだったようですな。
IWGPは田中将斗推しだったので、ちょっと残念。
GHCはタッグタイトルがヘビー・ジュニアとも移動?盤石だと思っていたので、つくづくわからないものです。

我らが全日本はジュニアの祭典が真っ最中。
昨日までの星取表をどうぞ。

2012_jr_hyperleague_07.png


Gillette VS アンディ・ウー。
ベースになってるのが中国拳法だから無理?・・・なのかもしれませんが、プロレスなんだから組まないとね。立ち技の打撃系だけじゃ厳しいでしょうな。アンディ・ウー選手が残すは対近藤戦、全敗決定濃厚であります。

KAI選手はようやく1勝目。
残り2試合は対稔戦、エアリアル戦です・・・両者ともクセモノなのでどうなりますやら。

昨夜はSUSHI選手、残念でした。Bブロックは勝ち点4が4名見事に並んでおります。
今夜も頑張ってほしいなと思います。
観戦する側にとっては接戦は楽しい状況ですが、ご本人たちの心境はいかがなもんなのでしょう。


そして注目カードの金本 VS 田中戦。
全勝金本に土をつけたのはやっぱり田中稔選手でありました。久々の白いコスチュームもワクワクしましたが、以前の新日ジュニアの鉄板カードが全日本のリングで見られるってのも、なんだか不思議な気分でありますな。


さて今宵の注目カードは近藤VS大和の指定対決。
まだアタクシは近藤選手有利と見ておりますが、果たして。

そしてやっぱりSUSHI選手にも注目しておりますよ。

2012 JUNIOR HYPER LEAGUE 石川・石川県産業展示館3号館

関東地方はここ数日、心地良い日が続いておりますが巡業で各地をてんてんとしている選手の皆さんはどうなのでありましょう。012 JUNIOR HYPER LEAGUEも中盤に差し掛かっております。

星取表をどうぞ!

2012_jr_hyperleague_06.png


YouTubeにアップされております”公式戦ダイジェスト”を拝見する限り、Gilletteは動きがいいですな!もうちょっと線が太くなると通用するんでしょうけれど・・・惜しいです。そのGilletteは今夜の金沢大会でアンディー・ウーと最下位決定戦(かもしれない)に出撃。両選手ともキレはいいので、ここだけ見ると注目カードのように感じます。

動画ではじめて耳にしたSUSHI選手の肉声は、やっぱり懐かしいあの人の声でありました。
雷神選手!お帰りなさい。お腹のたるみっぷりがアメリカ修行へ行く前に、いつの間にやら戻ってしまいましたが、アタクシ待ち焦がれておりました・・・あれっ?でも今日の勝敗予想にバツつけちゃった、なんでだろ?できましたら第5戦の公式戦ダイジェストで、また声を聞かせて下さいね。


新潟大会では惜しくも敗れてしまいましたがMAZADAはやっぱりMAZADAでした(敬称略)。タイチがやってるのを見るとなんだか腹立たしく感じるのですが、やっぱMAZADA選手にはこのスタイルが似あってますな。

そして今夜のメインディッシュは田中稔 VS 金本浩二。
金本選手の全勝を止めて欲しいってのは置いといても、稔選手にはここでイッパツ意地を見せていただきたいと思います。

今宵のゴングは16時。熱い戦いを期待しておりますよ!

2012 JUNIOR HYPER LEAGUE 新潟・三条市厚生福祉会館

馬場さんのお膝元新潟・三条市大会であります。
この書き出しも恒例となりましたが、どんなに頑張ってももうお会いすることもできない方なので・・・思い出の中にしかいない方なので、仕方ありませんな。とにかくここで興行が執り行われるたび、なんとなくしんみりしてしまいます・・・顔見知りでもないのに不思議ですな。

さてそれでは気を撮り直して、星取表をどうぞ。

2012_jr_hyperleague_05.png


アタクシの注目カードは金本 VS MAZADA戦。
紆余曲折だらけの東京愚連隊でありますが、MAZADA選手が全日本に残留を決めたこと。
VOODOO-MURDERSに所属してやらかしちゃいましたが、それでも日本での主戦場を全日本に決めたこと、なんだか嬉しかったです。

水戸大会の金本VS佐藤戦、やっぱりバチバチで激しい戦いだったようでありますが、対MAZADA戦ではどんな闘いになるのでありましょう?

三条市厚生福祉会館は午後6時ゴングです。
それでは皆様とはまた明日。

2012 JUNIOR HYPER LEAGUE 茨城・水戸市東町運動公園体育館

2012 JUNIOR HYPER LEAGUE第3戦は茨城大会であります。
恐れていたとおり2連敗で、連覇さえ怪しくなってきたチャンプKAI選手。今日は公式戦はありませんが、ふんどし締めなおして中盤戦以降に望んで欲しいですな。

考えてみれば世界ジュニアを保持したままジュニアリーグで優勝しちゃった昨年が出来過ぎだったんでしょう。奮起して欲しくてこき下ろしています・・・頑張って下さい。

2012_jr_hyperleague_04.png


今宵の注目カードはAブロックの金本 VS 佐藤戦。
バチバチやりあうところをオンタイムで拝見出来なくて残念であります。

アンディ・ウー選手はリーグ戦が始まる前には、もうちょっと身体が大きいイメージがあったのですが、ちょっと線が細いですな。独特の動きなんで見ていて新鮮ですが・・・今ひとつかなぁ。


アエギュプトゥス・エアリアル選手は怪奇派キャラですが、身のこなしはシャープ。
ぶっちゃけた話、ジミー・ヤンがエントリーされてなくて残念だなと思っていたところなので思わぬ収穫に驚いています。


おっと、水戸大会スタートの時刻となりました。
皆様とはまた明日、お会いしましょう(@^^)/~~~

2012 JUNIOR HYPER LEAGUE 埼玉・久喜市総合体育館

3連休最終日も酷暑となった関東地方。
今日は外で運動しちゃダメ!みたいなことをラジオのお天気おねぃさんが言っておりましたよ。

埼玉の午後6時の気温はどのくらいになるんでしょうな。
それでは勝敗予想つき星取表です。

2012_jr_hyperleague_03.png


昨日の記事を書いた時点で心配していたとおり、世界ジュニアチャンプは対金本戦でいきなりの配線。新日に打って出るどころじゃなくなって参りました。そして今夜は佐藤光留戦・・・ちょっと雲行き怪しい気がしてます。

そして注目カードは田中稔 VS エアリアル、カズ・ハヤシ VS アンディ・ウーの2つ。
ホントにまだ見ぬ強豪なのか、へっぽこ外国人なのか・・・今宵真価が問われるかもしれないカードですな。
おっと、アンディ・ウーは日本人とのことでした(^^ ;)

そーいえば『ニコ生』のタイムシフト予約でIGFを観ました。
なんだか今回も消化不良気味・・・なんと言っても観戦無料なので頂いておりますが、チケット買ってというきにはちょっとなれませんな。別に猪木信者ってワケでもないですし。

まぁ他所の話はこれくらいにして、埼玉大会午後6時ゴングです!

2012 JUNIOR HYPER LEAGUE 京都KBSホール

今宵、京都にて開幕するJUNIOR HYPER LEAGUE。
緒戦から豪華なカード目白押しでありますな。

AブロックのKAI VS 金本戦。
このリーグ戦を制覇して新日侵攻を予告しているKAI選手にとっては、負けられない試合となります。対する金本選手、今年はスーパージュニアのエントリーからも外されておりました。
ゴツゴツした試合を魅せてくれると思いますよん。

そして初登場となるまだ見ぬ強豪アエギュプトゥス・エアリアル。
発音しづらいし覚えづらい・・・相当インパクトを残してくれないとキツいものがありますな。

2012_jr_hyperleague_02.png


Bブロックはカズ VS 近藤の鉄板カード。最初から出しちゃっていいのでありましょうか。
そしてアタクシが熱視線を送るのはSUSHI VS 大和戦。

もしSUSHI選手が世間で言われているあの人なら、お帰りなさいと言ってあげたいです。
そんでもって「なんでジュニアヘビーになっちゃったの?」と・・・。

さてゴングは午後5:30!
京都から熱戦がスタートします。

2011 ジュニア・ヘビー級リーグ戦 後夜祭

2011ジュニア・ヘビー級リーグ戦も無事閉幕となりました。
まずはA,Bそれぞれのブロックの勝敗表は次のとおりでございます。


2011jr_10.png


Aブロックからは3勝1敗1分のKAI選手。
次点でオメガ選手。なんとなく世界ジュニアの絡みが見られそうな気がしますな。


個人的にはやっぱりBUSHI選手でありましょうか?
今回もKAZU・稔両選手を喰ってみせてくれました。後半戦ではなく冒頭からエンジンがかかればあるいは・・・と感じてしまうのはごった煮だけで有りましょうか?


Bブロックの代表は新日から参戦の金本アニキ。
次点は近藤選手とディフェンディングチャンプのジミー・ヤン選手。
対抗&大穴として名前をあげていた選手なので非常に残念でありました。


描画.png



世界ジュニアチャンピオンの勢いなんでしょうか?
ジュニアリーグも獲ったKAI選手、傍から見ていると「まだイチバン」ではないような感じがするのですが・・・どうなんでありましょう。


びっくりしたのは各ブロックの決勝進出と優勝者をピタリと当てた渕サン。
競馬すんなら競馬場に行ったほうが断然いいなんて言われますが、やっぱ間近で見てると違うモンなんでしょうか?


さて、皆様と次回お会いできるのは最強タッグの頃でしょうか。
至極ワタクシごとになりますが、今年のジュニアヘビーリーグの最中にごった煮はブログを書いているLinuxのディストリビューションをUbuntu ⇒ Bodhi Linux ⇒ Xubuntu 11.04 ⇒ Xubuntu 11.10 beta と乗り継ぎました。


画像編集はともかくIMがバンバン変更になったのは、ちときつかったであります。
最強タッグの頃には落ち着いていると・・・いいなぁ。


それでは皆様!しばしのお別れです。

2011 ジュニア・ヘビー級リーグ戦 石川・石川県産業展示館3号館

9会場に渡って繰り広げられた2011年ジュニアリーグ戦もいよいよラストとなりました。
おはようございます!ごった煮です。


まずは昨日までの星取表でございます。

2011jr_09.png


まずは個人的に注目しておりますBUSHI選手。稔超えに成功!
やっぱりジュニアヘビーはルチャだと考えてますので、これはうれしい収穫でありました。ただ彼のリーグ戦はまだ終わっていません!残るは分厚い壁カズ・ハヤシなのですが・・・。

Aブロック決勝進出予想 7得点 KAI選手


イチオシだったジミー・ヤンが失速。
近藤選手もMADADA戦を落としてしまい足踏み・・・。最終戦の大和選手に強い期待を寄せているのですが、いかがでありましょう?


Bブロック決勝進出予想 8得点 金本浩二選手


決勝では外敵を倒してKAI選手に優勝してほしいというが切なる願いであります。
ただコレでは一発目の新潟大会でアップした渕さんの予想とピタリと重なっちゃったりするわけで・・・う〜ん、ちょいと複雑だったりしますな。


上記と同じ日にごった煮が出した予想はつぎのとおり。

本命・・・カズ・ハヤシ
対抗・・・近藤修司
大穴・・・ジミー・ヤン

ヤベッ!かすりもしねぇ・・・。


さてさて、どんな結果になりますやら・・・皆様とは後夜祭でお目にかかりたいと思います。

2011 ジュニア・ヘビー級リーグ戦 新潟・三条市厚生福祉会館

馬場さんのお膝元新潟・三条市大会であります。
チャンカンや年末の最強タッグでもこの地に訪れるたび、いろいろな思いが蘇りますな。
全日の選手では、すでに渕さんとケアさんしか同じ思いを抱ける人がいないってのも、なんだかやっぱり寂しいなと思います。


では星取表です。

2011jr_08.png


だいぶ空いているマスも少なくなってきております。
しかしまだまだ混沌としていて、ブロックそれぞれの代表すらも予測できない状態・・・。


某動画投稿サイトに試合の様子が大量にアップされていたので、しばらく鑑賞してみました。
よけい分からなくなっております。フィル・アトラス動きがいいです・・・BLACK BUSHIも頑張ってほしいなと。


それでも念の為シュミレーション。
ここまでの試合結果予想的中率54.5%のごった煮の予想は・・・

Aブロック・・・KAI&稔 7得点。
  直接対決ドローだったんですけど、どうしましょ?


Bブロック・・・近藤&金本 8得点。
  直接対決の勝敗で金本浩二選手が決勝進出。

こんな様子になりましたが・・・あなたはどう予想しますか?

それでは皆様とはまた明日。

2011 ジュニア・ヘビー級リーグ戦 群馬・エテルナ高崎

折り返しを過ぎた今年のジュニア・ヘビー級リーグ戦。あとは優勝目指してゴールを目指すのみであります。


それでは星取表をどーぞ。

2011jr_07.png

新日本のG1と違いガッツり連戦とはならないので各選手は戦略が立てやすいのではないでしょうか?ほんでもってゼロワンの天下一のようなトーナメントでない分、一発勝負の怖さはありません。じっくり実力が試されちゃう怖い場となっているような気がしますな。


ここまで未勝利のBUSHIとMAZADA・・・ちょっと気になります。
ちなみに昨年の同大会を振り返ってみると、MAZADA選手は近藤選手とTAKAみちのく選手の決勝進出を阻止し、BUSHI選手に至っては優勝したジミー・ヤンを喰っておりました。


両選手の奮起に期待しつつ、皆様とはまた明日お会いしましょう!

2011 ジュニア・ヘビー級リーグ戦 東京・後楽園ホール

東北4県へと巡業の旅に出ておりました全日本プロレスの面々が一度、東京へともどる後楽園ホール大会でございます。

本日のジュニアリーグ戦のカードは4つ・・・試合開始時間を見ますともう終わってる・・・ふむっ。オフィシャルサイトではまだ結果が公開されておりませんので、セーフということでいいですか?


では、早速星取表です。

2011jr_06.png


次第に勝者と敗者の色分けが出来つつあります。
Bブロックでは本日、VS大和戦の佐藤光留選手はまだ負けておりません。不気味といえば不気味な存在。


Aブロックでのリーグ戦は3つ。
どれも好カードとなっておりますが、個人的にはBUSHI対決に注目・・・というかBLACK BUSHIって誰なんでしょうな。


全日本に侵攻してきたケニー・オメガ、対するは全日ジュニアの一角を担う稔選手。好勝負が期待されますが、結果はどーだったんでしょう。ワイルド・コントラ・ワイルドと同じくらい気になります。


では、皆様とは週末に。

2011 ジュニア・ヘビー級リーグ戦 長野・志賀高原総合会館

9月も半ばを過ぎたというのにものすごい暑さの中、娘の運動会に参加して参りました。
幸い熱中症で倒れる子などはおりませんでしたが、ガッツリ日焼けして気だるい日曜日となっております


それでは群馬・館林大会の星取表をどうぞ。

2011jr_05.png


Aブロックの暫定トップはカズ選手。IDプロレスが公を奏しているのでしょうか。ケニーに勝ってくれてありがとう!

Bブロックはなんと佐藤光留選手・・・。個人的には鈴木みのるサンの置き土産という印象しかありあせんでしたが、なかなかいいかもしれません。中盤以降に期待してます。

本日の目玉は近藤VSジミーヤン。
昨年の同大会でジミー・ヤン選手の映像が焼き付いちゃっており、いまだに心のどこかで崇拝してしまっているごった煮。ジミー・ヤンをちょっと推してたりします。


ただいまオフィシャルサイトで確認したところ、本日の長野大会は午後3時から・・・ひょっとしたらすでに結果が出ちゃってるかも?


それでは皆様また明日。

2011 ジュニア・ヘビー級リーグ戦 群馬・館林市民体育館

なんとなく心情的には勝って欲しくない選手が数名入っている今年のジュニア・ヘビー級リーグ戦であります。しかし親の心子知らず(?)。そんな選手が勝ち上がって来ちゃうってのも常であったりしますな。


コイツには勝ち進んで欲しくないってのは誰なのかは、ひとまず脇によけておいて星取表をどーぞ。


2011jr_04.png


Aブロックのカズ VS ケニーオメガ戦、Bブロックのジミーヤン VS 金本戦は注目のカード。
このカードを予想する際に冒頭のコメント・・・実にタイムリーだったり。


ワタクシごとではありますが、明日は娘の通う小学校の運動会。
今から場所取りに行って参ります。


皆様とはまた明日、お会いしましょう!

2011 ジュニア・ヘビー級リーグ戦 福島・鶴ヶ城体育館

2010915.pngえ〜っとね、コレなんだっけな?
スーシーホーとか呼ぶんだっけか?おっとリーチか!ドキドキしてきたな。
そのドキドキは動悸ですか?いいえ、違います。


そんな無駄話ではじまった本日のごった煮であります。掴みはOKでありましょうか?

さて、新潟大会の結果です。星取表をどーぞ。


2011jr_03.png


突然ですが、ごった煮が住んでいるトコでは週に1度”全日本プロレスの中継”が地上波であります。個人的にこれを至極の30分と呼んだり呼ばなかったりしているのでありますが、ネットからの情報もあることですし、全く知らない選手はほとんどいない状態。それなのに、この予想の外しっぷりはいかがなものですか。ちょっと自信が無くなってまいりました。


ジミー・ヤンが佐藤選手に敗北したのはフロック?ではカズ選手がBLACK BUSHIに負けたのも?
いろいろと悩んで考えてたどり着いた結果は・・・





これがあるからプロレスは面白い!



そんなワケでまた明日お会いしましょう!

2011 ジュニア・ヘビー級リーグ戦 新潟・重川材木店本社特設リング

2011年のジュニアリーグ戦の2発目でございます。
まずは星取表をどーぞ。


2011jr_02.png



さっそく星の読み違いがありましたが、このあたりは毎度のこと。気にせずどんどんイッてみたいと想います。


Aブロックで個人的に推してるのは、なんとなく稔選手。そんな自分を許さないもうひとりの自分がカズ選手推しであります。そろそろBUSHIにも頭角をあらわして欲しいし、新日本を席巻したケニー・オメガも要注意。そして正体不明のBLACK BUSHIも気になる存在。

そんなわけでAブロックから誰が上がってくるのか、今のところ絞れません。


Bブロックは近藤推しであります。
ここで一発優勝して、世界ジュニアへの再挑戦の足がかりとしてほしいところ。
トーゼン、ディフェンディング・チャンピオンのジミー・ヤンや新日らから来襲の金本選手も目が離せません。


どーしよ予想できないよなどと言いつつ・・・
本命・・・カズ・ハヤシ
対抗・・・近藤修司
大穴・・・ジミー・ヤン

こんな感じでいかがでしょう?
渕サンの予想はコチラ。



やっぱりチャンピオンびいきなようですが、さてどんな結果になるでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。