2012チャンピオンカーニバル 後夜祭

早朝から「2012チャンピオンカーニバル 東京・後楽園ホール大会」を観戦しておりました。
やっぱりスポーツ新聞系の文字や写真だけのニュースやオフィシャルサイトの勝敗記録と違って、生の臨場感がありますな。

ディフェンディングチャンプを破ったケア選手。思わず拍手しておりました。
浜ちゃんに続いて曙選手も投げ切った諏訪魔選手。連日の大迫力のバックドロップでした。

20120506.png奇しくも馬場全日本と武藤全日本の決勝戦。
試合前にアンケートが表示されたのですが、あたくしは迷わずケア選手に一票(この時点で昨日の予想とすでに違います)。

終盤のタイガードライバー。あのあたりですでに、ちょっと泣きそうになりました。
結果は各スポーツ紙が報じておりますとおり、

優勝 太陽ケア

とても有意義な時間を過ごさせていただきました。

そういえば各スポーツ紙系サイトをさらっていたところ、なぜか東京スポーツは”オカダ・カズチカ巨根伝説”・・・独自路線もここまで来るとアッパレでありますな。

プロレスの解説がないというのも、なかなか良かったです。
解説と言えば元々全日本フリークのためカナザワさんよりはオサノさんの方がやっぱり好き。
おっと竹内宏介氏のご冥福をお祈りいたします。

さて次はレンタル移籍となったBUSHI選手の登場する新日本プロレスのSUPER Jr.(5月27日開幕)であります。
楽しみですな・・・ってか、これもニコ生でやってくんねぇかな。

それでは皆様、忘れなければ次はスーパージュニアでお目にかかります。

2012チャンピオンカーニバル 東京・後楽園ホール

2012チャンピオンカーニバル、富山大会はABブロックの総当たり最終戦となりました。
先程”観戦”をタイムシフトにて行ったところであります。

まずはマス目が埋め終わった星取表をどーぞ。

2012_cc_8.png


Aブロックからは永田さんとエース諏訪魔!
最後はきっちりクラッチして浜ちゃんをバックドロップで投げ切った諏訪魔選手、スゴイモノを見せていただきました。

Bブロックは曙・太陽ケアのハワイアンズが決勝進出となります。
個人的には創立40周年の歴史を馬場全日本から見つめているケア選手にもう一度戴冠してほしいという思いが強いのですがどうなるでしょう。


しかしどちらのブロックもトップ通貨は全日所属のレスラーじゃないってのはいかがなものでありましょうか。まぁ、諏訪魔選手でもケア選手でも優勝すれば生え抜きですから、いいとしましょうか。


2012_cc_final.png


今年のごった煮の優勝予想であります。
再度決勝で永田サンと諏訪魔選手の激突。NOAHの秋山選手の持つ三冠朝鮮は激闘の末、諏訪魔選手へという絵面が浮かんでおります。

ただ、ごった煮の予想は大抵外れるというジンクスがありますので、若干の不安を抱えつつお送りしました。


では皆様とはまた明日、後夜祭にてお目にかかりましょう。

2012チャンピオンカーニバル 富山・高岡エクール

ゴールデンウィークの最終日、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
今年のチャンカンは全大会ニコニコ動画で生中継!ということで俄然興奮度が高かったのでありますが、仕事で外出していたり、へべれけに飲んじゃってたりしてほとんど観戦することができませんでした。おまけに全日本プロレスのサイトがずっととまっていて、勝敗がチェックできずに星取表すら付けられない始末。


最終戦近くなってようやく”タイムシフト予約”なる機能を使い始めたのですが、アフターカーニバル・・・後の祭りでございます。

と、更新できなかった言い訳をぶちかましつつ星取表をどーぞ。
(多分合ってると思われます)

2012_cc_7.png


まずはAブロック。
永田さんがトップ通過で2位争いは今宵の富山大会にもつれ込んでおります。
心情的にはここで昨夜も激しい戦いを見せてくれました諏訪魔選手の地力を信じたいところ。あたくしが決勝進出とした諏訪魔・永田両選手を撃破した河野選手が本来ならファイナリストとしてふさわしい気もするのでありますが、なんとなくムラッ気がたっぷりでイマイチ安定感がないのが残念であります。

Bブロックはいち早くトップ通過を決めた曙選手。2番手はやっぱケアさん推しでいきたいと思います。
力で押す征矢兄も魅力なのですが、どうしてもまだ一本調子なのが気にかかるので・・・。

こんな感じで富山大会に(パソコンの前で)臨みたいと考えておりますが、本日の試合開始は・・・なんと15時!あっぶねぇ、また見逃すとこだったよ。

では、皆様とはまた明日お目にかかります。

2012チャンピオンカーニバル 新潟・ハイブ長岡

全日本プロレスのウェブサイトがなぜかつながりません。
そーいやS・ヘイト暴行事件のときもこんなだったな・・・と自分でもイヤになりそうなことを思い出してしまいました。

ここのところチャンカンから離れていたこともあり、勝敗予想の採点すらできずにいますがとりあえず星取表でございます。

2012_cc_6.png


Aブロックの永田さんとBブロックのケア選手はまだ無敗のまま快進撃を続けているのでありましょうか。
気づけばKENSO選手はここまで全敗を予想してたりしますが、初日は出たのでしょうか。
そして対曙戦で故障中の真田選手が勝てるんかぃ!と自分で出した予想にすら悪態をつく始末であります。

では不意をついて全日のオフィシャルサイトへアクセスを試みてみましょう・・・ムフフ、やっぱダメだ。
今宵の新潟・ハイブ長岡大会は19時から(ニコ生情報 ^^ ;)。
よいこのみんな!パソコンの前に集合だよ!!

2012チャンピオンカーニバル 鳥取・米子ビッグシップ

征矢 学VS中之上 靖文の試合をBGMにブログを書いとります。
今日も間に合わなかった・・・。

2012_cc_5.png


あたくしの勝敗予想はこんな感じ・・・
ではまた明日。

2012チャンピオンカーニバル 和歌山・和歌山県立体育館

今宵は和歌山・和歌山県立体育館から和歌山大会であります。
埼玉から3日間のオフ。選手の皆さんは英気を養えたのでありましょうか?所属する団体へ戻って試合をこなした方やフリーランスのため、他団体で試合なんてカタもいらしたようですが・・・。ここはひとつ春の祭典に注力していただきたいものでありますな。

2012_cc_4.png


まず残念だったのが吉江選手の欠場。
試合後にお腹を両手でなでる仕草がベルトに挑戦したいんだか、だた愛おしんだかわからなくて困惑しました。
じっくり治療に専念して復活して欲しいところであります。

さて今宵の和歌山大会、吉江選手の離脱もあり公式戦はそれぞれのブロックで1つずつとなりました。
しかしどちらも注目のカードであります。
諏訪魔VS河野戦・・・河野選手の対関本戦を見る限り、パワーでガンガンくるタイプはちょっと苦手なのかなと感じられました。諏訪魔選手のナチュラルなパワーで押してくる攻撃にどう対抗するのかが見所です。

征矢兄弟対決・・・ノリノリのワイルドな兄にどれだけついていくことができるのか。
かなりのガッツがあることはここ数試合を見ていて伝わって来ました。ここらでもう一皮向けることを期待したいと思います。

そんなわけで、後2時間ちょっとでゴングです!

2012チャンピオンカーニバル 埼玉・イコス上尾

2012チャンピオンカーニバル3連発めは埼玉大会。
まだまだ序盤ですのでなんとも星が読めない状況でありますが、今回はほらなんといってもライブ中継付き!選手の戦っている姿が地方大会でもライブで届くってのは、非常に新鮮で喜ばしいですな。

それでは予想付き星取表です、ドン!
2012_cc_3.png

昨夜のAブロック。大森VS永田戦、大森選手に大きく期待をしていただけに残念でした。反面、以前から非常に気になっていたムラのある闘いが、まだそのままなんでなんとなく安心もできたりしましたが・・・大森サンが今ひとつのし上がれないのはこのムラッ気だけに、気になります。

Bブロックの匠選手。レガースをつけてるんですね。
最後に見たときは、普通のリングシューズでしたのでちょっとした変化ながらびっくりしました。
そしてストレッチプラム・・・デンジャラスなあのヒトがかぶります。久しぶりにドキドキしましたが、現状はイマイチ。今後に期待したい選手ですな。

今晩の注目の一戦は曙VS岡林。
強さはビシビシ伝わってきますが、力でくる曙に力で対抗しては、昨夜の吉江戦の二の舞。もうひとつ突き抜けるのに必要なこと。そのあたりに気づくともっと上へ行ける逸材ですから、岡林選手のハッスルに期待したいです。

埼玉大会、19:00ゴングです!・・・ちょっと遅いな。

2012チャンピオンカーニバル 群馬・藤岡市民ホール

先程帰宅いたしました・・・イカン!群馬大会もー始まっとる・・・。

そんなわけで星取表でございます。

2012_cc_2.png

では皆様、また明日。

2012チャンピオンカーニバル 東京・後楽園ホール

例年ですと前夜祭というカタチで前倒しで開催しておりますkenkunのごった煮であります。
今年は開始30分前に滑りこみ・・・もうホールには入れるのかな?

今年はなんとニコニコ動画で全戦生中継するとか。
太っ腹だな!全日本。たった今確認したところ6時半ぴったりにならないとネット経由では入れないみたい・・・。


さて、それでは本日の勝敗予想をどーぞ!

2012_cc_1.png


Aブロックに強豪が集中している気がしますな。
本命:諏訪魔、対抗:永田さん、大穴で関本。個人的には河野選手にバケてほしいなと思います。

Bブロックはプロレスがうまくなってきた曙をどう各選手が料理するかに注目。
妙に自信をつけてきた征矢兄も見ものです。
しかし馬場体制の頃からの全日本フリークといたしましては、やっぱりイチオシはケア選手。体制も顔ぶれも変わりましたが、また最前線へと出てきてほしいれすらーであります。

そろそろ開始15分前。
選手の皆さんだけでなく会場のみなさんも、ニコニコで市長の皆さんも臨戦態勢に入りましょう!

ではでは皆様とはまた明日。

2011チャンピオンカーニバル 後夜祭

桜の花びら散る頃のお楽しみ。チャンピオンカーニバルが今年も無事閉幕となりました。
後夜祭というタイトルながらまだ時刻は7時半。皆さんご存知の方も多いとは思いますがもう一度おさらいしてみましょう。


まずは完全にうまった星取表です。

2011cc_06.png

おおかたの予想を裏切る形で優勝決定戦は次のカードとなります。

Aブロック永田サン VS Bブロック真田選手



Aブロックを総評してみましょう。
え〜っと、どーした!浜ちゃん?
動けるデブとして注目していたのですが残念。というか対戦相手がきちんとデブ対策をしていたということでありましょうか。小島から三冠奪取したときが、レスラーのピークでしたなんて言われないように頑張ってほしいです。


Bブロックに目を向けると・・・
グングン力をつけていると言っても、このメンツで真田選手が勝ち上がることはないと思っておりました。考えが甘かったようであります。「諏訪魔時代の次の時代」そんな感覚で真田選手を眺めていたのですが、すでに下はつっかえている様子。諏訪魔選手もうかうかしてらんないですな。


さて、なかなか優勝者に触れないで変だな?と思われているあなた、なかなか鋭い!
優勝は新日本プロレスからの刺客永田サンでありました。


流れからいくと、これから三冠挑戦やノワ侵攻を念頭に置いてるのでありましょうか。
しかし思ったとおりになかなか進まないのもプロレス。
ちょっとだけ注目しながら、見守ることにしましょう。


今年のチャンカンは優勝者もハズレ。
そしてABブロックの勝者予想的中率は55.5%。なかなか的中率を上げることが出来ません。
しかしこれもプロレス。


次は週末からはじまる2011Jrタッグリーグ。
年中行事として、ジュニアタッグも追いかけますのでご期待くださいませ。

2011チャンピオンカーニバル 5発目

始まったと思ったらあっという間に最終日となったチャンピオンカーニバル。
豪華な顔ぶれでのイベントだったせいか名残惜しいような気もしますが・・・さぁ最後の予想イッてみましょう。

2011cc_05.png

Aブロックは諏訪魔選手と永田サンが同点で並ぶものの、直接対決での勝敗で永田さんが。Bブロックは終盤で3連覇宣言をぶちあげたみのる選手が決勝進出。そんな予想となりました。

そしてチャンピオンカーニバルの優勝は・・・





2011cc_winner.png



・・・こんな感じ?

予想的中率は果てしなく低いし、今夜どんな展開があるのかもわかりません。

諏訪魔VS真田という将来を担うエース争いが、今年実現するという可能性だってあるんです。
ぶっちゃけこのカードがみたい気もしますな。


さてさて、このように思い思いの楽しみ方もできるチャンピオンカーニバル。どんなドラマを見せてくれますやら。
ではまた明日、皆様とは後夜祭でお会いしましょう。

2011チャンピオンカーニバル 4発目

日曜の全日本の後楽園はお昼から・・・そんなルールもすっかり忘れ、花見なぞに繰り出しておりました申し訳ございません。帰宅し慌ててアップした予想つき星取表も勝敗欄にミスがあるというかなりな崩れっぷり。お見苦しいところをお見せしました。


さて、気を取り直して参りましょう。星取表をご覧ください。

2011cc_04.png

んふふ♪盛り上がって参りました。
残すところあと2日。このあたりで優勝予想をぶってみたいと考えております。

Aブロック
諏訪魔・永田両選手が8点で勝ち上がるも、直接対決で永田サンが勝利しているため代表は永田サン。

Bブロック
ケア・秋山両選手、健闘するも直接対決のドローが響いて7点止まり。8得点で決勝進出は鈴木みのる選手。

因縁の対決を制するのは鈴木みのる!
馬場さん以来のチャンカン3連覇の偉業を成し遂げる・・・ってな予想ですがどうでしょう。

3冠チャンプの諏訪魔選手や船木選手にホントは勝ち残って欲しい気持ちや、全日育ちの秋山・大森選手もたっぷり思い入れがあるのですが、チャンカン決勝で観てみたいカードは永田裕志VS鈴木みのるなのかなという気がしております。

まずは4日めの結果次第のお話。
それでは皆様、次回は明後日にお会いしましょう。

2011チャンピオンカーニバル 3発目

うっかり遊びに行っちゃった・・・テヘッ。

2011cc_03.png

あれっ?もー始まってるんだっけ?
とり急ぎ予想だけアップしときます・・・。

2011チャンピオンカーニバル 2発目

先日の全日本プロレス中継で放映されていたのは河野改めKONO選手が浜ちゃんをイスでぶんなぐり大流血させてブードゥー入りした試合でありました。ものすごいタイムラグで非常にびっくりしちゃったりしますが、そんな二人が今宵再激突。総合をベースにする者と相撲をベースにする者との闘いという見方も面白いかもしれません。
連敗記録を更新中のようですが、そろそろハマちゃんやってくれるんじゃないかなぁ。


2011cc_02.png



チャンカンで初勝利をあげた真田選手にも注目。
ローリングクレイドルやジャパニーズレッグロールを器用に使いこなす姿は、オールドファンにはたまりません。KENSO選手は難敵でありますが、全勝優勝をぶちあげてますからな!2戦目で落とすわけにはいかんでしょ?


今宵の注目カードは諏訪魔VS永田・ケアVSみのるの2つ。
IWGPは逃したものの絶好調の永田さんを諏訪魔選手がどう攻略するかが見ものであります。


そしてケアVSみのる。
なんだかお二人とも妙に思い入れがあるんです。ホント言うと甲乙つけがたいのですが、実は密かにみのる選手の三連覇も応援してたりして・・・。


昨日は19時開始でしたが、土曜の今日は18時に試合開始です。皆様、お間違えのないよう・・・。

タグ:プロレス

2011チャンピオンカーニバル 1発目

過去の記録をたどってみると2008年以来の後楽園ホール5連発となる今年のチャンピオンカーニバル。メンツはかなりの充実っぷりを見せております。
まずは勝敗予想付きの星取表をどーぞ。

2011cc_01.png

Aブロック注目はなんと言っても諏訪魔VS船木。好カードがいきなり登場してしまい、アタクシちょっぴりあわてふためいております。とりあえずドローと予想しておりますが、さて。

IWGPのベルト持参で颯爽と登場するかと思われた永田サン、残念でした。
でもこの方、コンスタントに結果を残す人なので、どこまで上位に食い込むか楽しみです。

BブロックではケアVS秋山・・・ちょっと涙出ちゃった。
移るよりも残ることを選んだケア選手に、どーしてもどーしても勝って欲しい!そんな願いを込めてみました。

こちらの6名でアタクシが注目しているのは真田選手。
次代のエースという点は誰もが認めている所でありますが、ファンとしてもそろそろチャンカンでも結果が欲しい。そんな熱視線を送らせていただきたいなと。


そーいえば2008年年のチャンカンには、川田選手が出てたんですよね・・・。
ノスタルジックになってる暇はございません!まずは明日から怒涛の3連戦。キッチリ見届けたいと思いますょ。


ではでは皆さん、また明日!

2011チャンピオンカーニバル エントリー

今年もチャンピオンカーニバルの季節がやってまいりました。
みなさまお久しぶりのごった煮です。

昨夜、ツイキャスで参加選手の発表と各選手の意気込みを聞き、俄然盛り上がってまいりました。


まずは星取表をご用意しましたのでどうぞ。


2011cc_00.png

Aブロックにはニュージャパンカップを制した永田さんと、ご無沙汰でしたの大森選手が外敵としてエントリー。Bブロックには方舟から秋山選手。豪華な顔ぶれですが、ちょいと昔を思い出してしまいノスタルジックな心境であります。


注目する点としましては、鈴木みのる選手の3連覇なるか?
ニュージャパン…では後藤選手が3連覇に失敗し再び海外への武者修行へ旅立ちましたな。チャンカンはトーナメントではないので、負けたらおしまいってわけじゃありません。その分チャンスはあるわけで・・・。


古巣へ舞い戻った大森&秋山両選手。
こちらも勇姿を見せてほしいなと感じる反面、全日本を担っているのは諏訪魔であり、ケアであり真田であるわけで、旧全日VS現在進行形の全日という構図で見ても楽しそうですな。


退去命令を無視して前シリーズを戦い抜き、男気を見せてくれたドーリング選手も考えてみれば全日育ち。”浪花節”ってわけではありませんが、この選手も注目しております。


久々の”すごい顔ぶれ”となった今年のチャンピオンカーニバル。
震災復興の祈りと共に、顔を上げて見届けたいなと考えています。
タグ:復興

2010チャンピオンカーニバル 後夜祭

2010チャンピオンカーニバルが終わりました。
チャンカンが終わるといよいよ春めいてくるはずなのですが、外は雨。そして非常に肌寒い一日となりました。


ひょっとしたらごった煮が前日の予想で優勝者を当ててしまったせいでありましょうか。なんだか申し訳ありません。


過去の記事にあたってみると途中の段階ではこんな予想をしておりました。

本命:小島聡  対抗:諏訪魔  穴:鈴木みのる



河野選手の決勝進出もBブロック船木選手の完璧に近い勝率も、まったくもって予想外だったんですな。

2010_ajpw_cc_10.gif

決戦後の船木選手との抱擁とGURENTAI解散宣言、そして浜ちゃんに挑む3冠戦となんだか全日本の中心にドンといるが鈴木みのる選手になりそうな気配。


社長復帰まで全日本を支えるのは諏訪魔でも船木でも小島でもなく、鈴木みのるになっちゃいそうな勢いがあります。ごった煮的には小島選手や諏訪魔選手・・・忘れちゃいけない太陽ケア選手の奮起が見たいところです。


忘れちゃいけない勝敗予想の的中率ですが、過去最高の56.5%!
やっぱり季節が冬に戻っちゃったようなこの雨はごった煮のせいだったようです。


引き続きノワさんのグローバルリーグ戦を、そして詳細が決まりましたら全日本プロレスのジュニア・タッグリーグ戦をお送りして参る予定でおります。
今年は何だか忙しいな・・・というわけで、仮締めで〜っす。

2010チャンピオンカーニバル 東京 JCBホール

くるりと興業で各会場を回ってきた全日本プロレスの面々、東京へと戻って参りました。そして今宵は2010チャンピオンカーニバルの最終戦。

さっ、星取表をどうぞ!


2010_ajpw_cc_09.gif

昨日決勝進出4人を予想したのが以下のとおり。

Aブロック1位:鈴木みのる 2位:小島聡
Bブロック1位:船木誠勝  2位:諏訪魔

小島選手と河野真幸選手が入れ替わった形となりました。
若い世代の台頭はもっと先・・・ってのがごった煮の当初の予想でもありましたので・・・そんなボヤキは後夜祭でやることにしましょう。


しかし小島VS河野のシングルは小島選手2連敗ですか。トラウマにならなきゃいいんですけれど。


それじゃ決勝戦の予想に移りましょう。


2010_ajpw_cc_final.png



最近使い始めたベクターデータ系のアプリで作りました。
金網で決着したのは全シリーズでしたが、そこでのリベンジを果たし鈴木みのる選手が頂点へ!と予想します。


ごった煮的には、ちょいと冒険してみました。
さぁ、今夜のJCBホールに注目しましょ!

2010チャンピオンカーニバル 滋賀 長浜市民体育館

AB2つのブロックに分けて総当たりで行われる今年のチャンカンもいよいよ最終戦となりました。


まずは星取表です。


2010_ajpw_cc_07.gif


というわけで、まるっきり船木選手にやられてしまいました。
いままではよく知らないプロレスから総合へ行って、またプロレスへ帰ってきた選手というだけでしたが、今回めでたくとても嫌いなプロレスラーに昇格してしまいました。


なんとなく全日生え抜きの諏訪魔の心境が理解できたような気がしております。「なんか邪魔なの」。



では、気をとりなおしていってみましょう。
滋賀大会で残すところ3試合となっています。
諏訪魔VSケアは新旧全日の純粋培養の激突。これぞ全日本!という一戦にしてほしいですな。

小島VS河野。小島っちはこの一戦を勝利しないと決勝トーナメント進出が危うくなるかも。対する河野選手は最後にいっぱつ喰ってやろうという意気込みでしょう。熱戦を期待します。

みのるVS真田。
まずはみのる選手の安泰だと思われますが・・・。


そんなことを考えつつ、最後の予想をしてみます。

2010_ajpw_cc_08.gif


的中するとと直接対決の勝敗の関係で
Aブロック1位:鈴木みのる 2位:小島聡
Bブロック1位:船木誠勝  2位:諏訪魔
となります。

そーなると最終日は、鈴木みのるVS諏訪魔・船木誠勝VS小島聡となるわけで勝敗によっては非常に興味深いモノがあったりしますな。


これ以上書いていると妄想が入りそうなので、本日はこの辺で。
つづきはまた明日、お送りします。

2010チャンピオンカーニバル 大阪 大阪府立体育館 第2競技場

思えば全日本プロレスの”若手”も大変ですな。
武藤体制になってからの純粋培養がいて、総合格闘技の出戻り(船木さんではありません、念のため ^^;)、他団体を経由、大相撲からの転身と色とりどりの経歴をもつ彼らがひとくくりで”若手”ですから。


浜VS真田戦は、そんな意地のぶつかり合いになりそうな気配。
三冠王者となった浜ちゃんを下した河野選手とドローとなった真田選手だからこそ、ここで踏ん張って欲しいところです。総合での敬虔を重視して河野選手に○をつけておきながら何を言っちゃってるんでしょうか。


おっといけない星取表を貼っておきますね。

2010_ajpw_cc_06.gif


気がついたら空欄が減っておりました。すでに佳境を向かえている2010チャンピオンカーニバルであります。


幼少の頃から全日贔屓だったせいか、船木選手をよく知りません。
特にそれを残念だとは感じていませんが、予想すると星取表のとおり全敗中です。そんでもって、よく知らん人がダントツでトップというのもなんだかなぁなのであります。そんな理由から船木選手のBブロック最後の一戦に限ってはVooDooに加担することにしました。「レネ!頑張れ」


同様の理由から諏訪魔選手も応援しないといかなくなったりして、同期対決の雷陣明改めKIYOSHI戦を楽しみにしていたのですが、あっけなく諏訪魔選手に○をつけました。かなり翻弄されてます。


他にも小島VSみのる戦といったビッグカードが用意されていると思ったら、大阪大会でしたか。ビッグマッチをナマで観戦できるなんて羨ましいなと考えつつ、次回は明後日に!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。