急性Wii炎 〜テニスゲーム数時間 翌日、右肩に激痛

任天堂が昨年末に発売したゲーム機「Wii」でテニスのゲームに熱中し,肩を痛めたスペインの医師が,この痛みを「急性Wii炎」と名付け,7日付の米医学誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に注意喚起の投稿をした (後略)


(ネタ元:読売新聞)

2007/06/11


勝手に集中してゲームをした挙句筋肉痛になっておいて、これまた病名まで命名してしまったお医者さんの話。

真剣なのかはたまたウケ狙いなのか、微妙なニュアンスが誌面から伝わってこないのは残念であります。この医師、急性Wii炎の多発に注意すべきだなんてカッコつけちゃっていますが、微妙におばかさんに感じてしまうのはわたくしだけではないはず。

今日の教訓

何ごとも”やりすぎ”には注意しましょう


タグ:Wii 任天堂
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44526113

この記事へのトラックバック


Excerpt: テニス (任天堂)『テニス』(''Tennis'')は1984年1月14日に任天堂が発売したファミリーコンピュータ用スポーツゲームである。.wikilis{font-size:10px;color:#..
Weblog: 今流行の『Wii』!
Tracked: 2007-10-06 15:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。