栄養ドリンク 主成分はアミノ酸や生薬  〜疲労回復は気から?

疲れた体にグイッと一本。栄養ドリンクのお世話になったことのある人も多いだろう。滋養強壮や疲労回復をうたっているが、さて、その中身はいったい何?(後略)
(ネタ元:読売新聞)

2006/11/19

栄養ドリンクの分析を紙面を大きく割いての特集です。

まずは成分についてかいつまんでみます。
タウリンは肝機能強化、血中コレステロール。血圧を下げる
アスパラギン酸はカリウム・マグネシウムを取り込み、ミネラルバランスを整える
バリン、ロイシン、イソロイシンは体内で作れない必須アノミ酸のうち筋肉で消費されるもの

ふー疲れた……でももうちょっとおつき合いください。

ニンジンエキスは代謝を促進し、エネルギーに変える
オウギエキスは豆科のキバナオウギの根。強壮、利尿作用などがある
あとはマムシの内蔵と川を除いた(ハンピチンキ)ものとか、雄ジカの柔らかい角(ロクジョウチンキ)が入っているらしいです。

どうなんでしょう?値段が高いから効くとか効いた気がするとかいいますが、実際は疲労回復度合いをあらわす指数がないため、話を詰めていっても「気分的な部分が多い」みたいなあやふやな状態で記事はおわっています。

ちょっとごった煮自身の話をすると、数年前に引っ越しの助っ人を頼まれていながら、前日に完徹でふらふらしながら登場するという失礼なことをした際に、「これ飲め」と渡された栄養ドリンクでシャッキリ!人一倍働いちゃったという経験があります。
今風にいうと

コレキターーーーー


とかいうんでしたっけ?


まぁ、そんなわけで非常時の時の一本を押さえておくことをオススメします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29129834

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。