2006世界最強タッグ 勝手に総括!

激闘の翌日です、ただいま12月3日の午後5時をまわったあたりです。

誠に個人的な話ですが、昨夜は徹夜でした。ごった煮も頑張っています。(謎)

さて世界最強タッグを勝手に総括(またの名を反省会ともいう)しましょう!
えーっと、なんだか全日のオフィシャルサイトにつながりません。サーバ止めてリニューアル?そんなことしないよな、普通。なんだろなぁ?

結果としてはごった煮の切なる願いも届かず、小島&天山組が今年の世界最強タッグを制しました。予選トーナメントの勝敗予想も47.6%と過去最低を更新しすっかり落ち込んでいます。
パァーッと酒でも飲むかぁ……。

嬉しかったのは武藤&川田のドリームチームが継続するという情報です。
なんか、武藤好きになってきたよ、マジで。テンコジはこの勢いのまま1月4日のドームでもやってくれそうですし、最強タッグが縁となっていろんなところへ影響を及ぼしそうな状況、わくわくしてます。

欲を言えば、頭数さえ揃っていればもっと活躍できたチームもあったことでしょうか?
論外選手も頑張りましたけど、3冠王者の率いるチームがぶっちぎりのビリッケツじゃカッコつかないでしょ。健介選手が帰ってくるとしても、もう1組くらい大型の外国人チームが入ると締まるのでは?

1年の締めくくりのシリーズですから、去年のチーム3Dのようなビッグネームは無理でもどうかもうちょっと気張ってほしいものですな。

というわけで小島選手、天山選手おめでとうございます。
そして悪者を含め、レスラーの皆様どもお疲れ様でした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。