ピカソ夢破れる 絵画、ひじ鉄受け

絵画としては史上最高額の1億3,900万ドルで売却される予定だったピカソ作品に、外国人の持ち主が過ってひじで穴を開けてしまい、売却は取り消されたことが18日、わかった。(後略)
(ネタ元:読売新聞)

2006/10/21

ども! プロレスフリークのごった煮で〜っす!
エルボーといえばディック・マードックとかダスティ・ローデスが多用してました。懐かしい昭和の古き良き時代・・・。最近はどーなんでしょ?やっぱ「三沢のエルボー」なんでしょうか?
などと考えていたら本物が登場しました、最高のエルボーはこの人、「カジノ王」スティーブ・ウィンさん!

なんでもひじ鉄イッパツで164億のピカソの絵をKOですからね。
視力に難があり手を動かしながら話すくせがあったそうですが、そのエルボーが炸裂した瞬間を間近で見ていた”知人”がいるらしいです。目の前で繰り広げられる惨劇に、どんなリアクションを見せたのでしょうか?気になるところですな。

ちなみにこの絵画、ピカソ作”夢”という作品。
カジノ王には残念ながら親近感が湧かないので、今日は見出しをつけた読売新聞に一票あげましょ!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。