2011世界最強タッグ決定リーグ戦  神奈川・横浜文化体育館

2011年の世界最強タッグもいよいよ大詰め!明日の神奈川大会を残すのみとなりました。
優勝決定戦進出の2つのチケットをかけた戦いもクライマックスを迎えております。

2011saikyo_13.png船木&河野組VS曙&浜組の勝者、どちらが勝っても12点。
大森&征矢兄VS諏訪間&征矢弟に大森組が勝利すれば12点。
真田&KAI VS関本&岡林の一戦は大日本勢が勝利すれば12点でビッグダディ&Do−リング組がKENSO組を破れば12点と、ここに来て4チームが並ぶ混戦模様。アタクシの立てた勝敗予想では4チームが並ぶとなっちゃってるんですが・・・どーすんだォィ

というわけで、タッグリーグ戦のルールを振り返ってみましょう。

得点上位2チームが優勝戦進出、12・4横浜文化体育館大会にて優勝決定戦を行う
2位のチームが同点の場合は、12・4横浜文化体育館大会にて優勝戦進出決定戦を行う


という具合になってます。


ここいらで最終戦予想を見なおしてみることにします。
リーグ戦最終戦を落としそうなチームとして筆頭に挙げられるのは、大森&征矢兄。なんとなく諏訪間組というか諏訪魔選手に食われそう。

関本&岡林組はどうでしょう?
全日の意地にかけて真田&KAI組の奮起に期待したいところです。

そんなわけで今年の最強タッグの予想を、おみまいすることにします。

2011saikyo_final.png


いろいろ考えてるうちに優勝決定戦に進めないと予想したはずの船木&河野組が優勝することになってしまいました。最後に勝者のコールを受ける絵面を考えていたらつい・・・。


実際のところは明日の横浜大会で決着となります。
さて、どーなりますやら。


それでは皆様とは月曜の後夜祭にてお会いしたいと思います。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。