NJPW G1Tag 東京・後楽園ホール

今回はじめてG1タッグリーグ戦の対戦予想をしてみたのでありますが、こんなに順当に進むモノだとは、ちっとも考えておリませんでした。
まずは星取表です。

2011g1tag_20111106.gif


ちなみに青で記入っされている箇所が的中部分であります。
的中率は76.6%というかなりの確率。この選手が好きで好きで・・・という、プロレスファン特有の思い入れが邪魔しなかったことが勝因かもしれませんな。

それでは本日開催の優勝トーナメント・エントリーチームを見てみましょう。

バーナード&アンダーソン
メジャー団体の2冠タッグ。磐石に見えますな。どちらかといえばバーナードのパワーファイトではなくアンダーソンの巧さが際立ってきています。優勝に一番近いのかな・・・やっぱり。


棚橋&後藤
力はまだまだ未知数のチーム。この決勝トーナメントを機に開花すると面白いのですが・・・いかがでしょう?


中邑&矢野
一見噛み合わなそうに見えるのですが、ガチッと歯車が合うと予選負けなし!みたいになっちゃうんですよね。
中邑はG1も獲ったし、ここが優勝するシチュエーションがいちばんつまらない結果になりそうに感じます。

みのる&アーチャー
全日に参戦していた頃、ケアとのタッグで世界タッグはとったものの最強タッグの優勝は逃してしまった鈴木選手。
今後の展開も考えると、個人的にはここで優勝するとおいしそう・・・。


ではではお待ちかね、優勝トーナメントの予想です。

準決勝

棚橋&後藤 ○ VS バーナード&アンダーソン
みのる&アーチャー ○ VS × 中邑&矢野

決勝

みのる&アーチャー ○ VS × 棚橋&後藤



そろそろ後楽園大会開始の時刻!
緊張をはらみながら観戦しましょ!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。