2011 ジュニア・ヘビー級リーグ戦 東京・後楽園ホール

全日・新日・ノアが結集した”オール・トゥゲザー”の興奮がやっと冷めてまいりました。
朝の空気がすずしくて、とっても爽快なごった煮であります。


IGFのイベントについてはニコニコ動画で視聴しましたが、知らん選手が混じっていて感情移入ができず・・・。しかもK-1にプロレスが負けたイメージが強くなんだかなぁ、でした。まぁお目当てにしてたのはカシンくらいでしたから、あんなもんでしょうか。


”オール・トゥゲザーについては主に収録とスポーツ紙で確認したのですが、鳥肌が。
今更ではありますがやっぱり「格闘技好き」なんじゃなく「プロレス好き」なのだと改めて感じた日となりました。


前置きはこの辺で、本題の本日開幕(ノア・秋山選手おかえりなさい。)のジュニア・ヘビー級リーグ戦です。

2011jr_01.png


公式戦はカズVS稔、KAIVSケニー、近藤VS金本の3試合。
今回のジュニアリーグ戦をコース料理に例えてみると、席について前菜が登場するのを待っていたら、いきなりメインディッシュが出てきちゃったイメージでしょうか。しかもコッテリ系の・・・。


ゴングは本日正午であります!
まずは全日チャンプとケニー・オメガの遭遇を中心にこってりした3試合、腹を空かせて注目しましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。