2011チャンピオンカーニバル 後夜祭

桜の花びら散る頃のお楽しみ。チャンピオンカーニバルが今年も無事閉幕となりました。
後夜祭というタイトルながらまだ時刻は7時半。皆さんご存知の方も多いとは思いますがもう一度おさらいしてみましょう。


まずは完全にうまった星取表です。

2011cc_06.png

おおかたの予想を裏切る形で優勝決定戦は次のカードとなります。

Aブロック永田サン VS Bブロック真田選手



Aブロックを総評してみましょう。
え〜っと、どーした!浜ちゃん?
動けるデブとして注目していたのですが残念。というか対戦相手がきちんとデブ対策をしていたということでありましょうか。小島から三冠奪取したときが、レスラーのピークでしたなんて言われないように頑張ってほしいです。


Bブロックに目を向けると・・・
グングン力をつけていると言っても、このメンツで真田選手が勝ち上がることはないと思っておりました。考えが甘かったようであります。「諏訪魔時代の次の時代」そんな感覚で真田選手を眺めていたのですが、すでに下はつっかえている様子。諏訪魔選手もうかうかしてらんないですな。


さて、なかなか優勝者に触れないで変だな?と思われているあなた、なかなか鋭い!
優勝は新日本プロレスからの刺客永田サンでありました。


流れからいくと、これから三冠挑戦やノワ侵攻を念頭に置いてるのでありましょうか。
しかし思ったとおりになかなか進まないのもプロレス。
ちょっとだけ注目しながら、見守ることにしましょう。


今年のチャンカンは優勝者もハズレ。
そしてABブロックの勝者予想的中率は55.5%。なかなか的中率を上げることが出来ません。
しかしこれもプロレス。


次は週末からはじまる2011Jrタッグリーグ。
年中行事として、ジュニアタッグも追いかけますのでご期待くださいませ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。