リンゴと窓とペンギンと

アップルが昨日5日に30周年を迎えたそうです。
新機種 OR 記念モデル発売か?なんて騒ぎもありましたが、アップルはそれ以上の隠し玉を用意してくれていたのです。OSXとWindowsのデュアルブートを実現する『Boot Camp(ブートキャンプ)』の公開でした。そーです!!デュアルブート環境の提供をアップル自らがしたというニュースなのであります。詳細につきましてはアップルのニュースリリースページをご参照ください。

なんやかんや言ってもIntelチップを内蔵して同じ土俵に上がっちゃったんだから、デュアルブートというかガチンコ勝負は避けて通れなかった道なのかもしれませんね。ちなみに発表された”ブートキャンプ”、まだパブリックベータ版らしいのですが、次期OSの”レパード”には標準機能となるようです。MacMiniはかなりの買い時なのかもしれませんね。

ついでではなく、実はここからが本題です。
”ブートキャンプ”の副産物でしょうか?IntelMacでなんと“KNOPPIX”も起動が可能になるようです。リンゴと窓のデュアルブートに加えてペンギンまで……。夢のトリプルブートが実現です。OSフェチを自負するごった煮としましては、スミマセン!!ちょっとよだれ出そう。

話は変わりますが、この拙い文章はiMacで打っています。起動しているOSはMacOS9.x。
実はうちのiMac、OS9とOSX、そしてVineLinuxのトリプルブートです。他にもOS9とOSX、HolonLinuxのトリプルブートのiBookやWin2000とKNOPPIXのデュアルブートのThinkCentreなど気がつけば多種のOS混在の状態は今時点でもテンコ盛りでした。それでもまだ欲しい……。物欲ってのは限りがありませんね。

”ブートキャンプ”が使えるという新しい環境をお持ちの方はWin + Mac + KNOPPIXのトリプルブートを是非試してみて下さい。案外気に入っちゃうのはKNOPPIXだったりして。

| 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16228811

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。