2010ジュニア・タッグリーグ戦 後夜祭

ゴールデンウィークの初日となる今日、ジュニア・タッグリーグ戦が幕を閉じました。結果はスペル・クレイジー&BUSHIの優勝。

ジュニアといえば華麗な空中殺法。やっぱり本場ルチャドールとその弟子が優勝をかっさらった形となりました。いや〜これも納得・・・かもしれません。その他小島ッチのラストマッチとかアジアタッグとかあったようですが、各紙スポーツニュースにてご確認ください。


今年の”ごった煮のジュニアタッグ”は、予選リーグの予想的中率が50%でありました。そして優勝チームも当然当てられず(-_- ;)
武藤欠場・小島脱退の全日本プロレスも新たなうねりがあった様子。これからも応援していきたいと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。