2009世界最強タッグ決定リーグ戦 後夜祭

すでにご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
今年の最強タッグは武藤・船木組の優勝となりました。そうかまだ「次の世代」には渡さないか・・・というのが正直な感想であります。


ノワでは潮崎から杉浦へとタイトルが移動したようですな。
今年がんばったご褒美でありましょうか?


それでは2009世界最強タッグ決定リーグ戦の反省会に入りたいと思います。今年も見納めの星取表です、どぞ。

2009strongesttag-13.jpg


勝敗予想的中率は51.85%(27分の14)。当たったけど不戦勝だったよ・・・ってのは省いてありますので、念のため。

まぁ、数年ぶりに半分を超えた的中率にちょっと満足だったりしておりますごった煮であります。

思い起こせば昨年は浜ちゃんをしたがえて3勝4敗でリーグ戦を終えた武藤社長。今年こそはと奮起したのかもしれません。


ここで過去数年の最強タッグの歴史を振り返ってみましょう。
2006 小島・天山 VS 諏訪魔・RO'Z
2007 武藤・ジョー VS 小島・諏訪魔
2008 小島・天山 VS 諏訪魔・近藤
2009 武藤・船木 VS 諏訪魔・河野

武藤社長と小島っちがかわりばんんこに優勝して、準優勝には諏訪魔選手がいるという図式が出来上がりつつありますな。そしてその優勝チームをあたくしは4年連続で予想を外しております(-_- ;)


こりゃ何か対策を立てんといかんかもしれん・・・などと考えつつ2009年も暮れていくのであります。


皆様と次お会いにするのは来春のチャンカンでしょうか?それとも・・・。
ひとまずこのまま休眠に入ることにします。
全日本の選手達も苦しめられた新型インフルエンザなどに感染しないよう、くれぐれも気をつけてくださいね。


それでは、これで解散!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。