2008世界最強タッグ決定リーグ戦 新潟・三条市厚生福祉会館

世界最強タッグの決勝進出を決める大切なイベント興業をなんで新潟で?と疑問に感じたのはほんの一瞬で、新潟の三条市といえば故ジャイアント馬場さんのお膝元。そっか馬場さんの手を離れてしまったように感じる全日本プロレスだけど、依然と支持層は変わっていないんだなとちょっとしんみりしてしまいました。

さて、空欄のなくなった星取表でございます。


2008世界最強タッグ_11


なんだか今年の最強タッグは、諏訪間選手の目といいブードゥタワーズといい、そして最後に愚連隊の足を引っ張るあたり引っ掻き回されてしまった感がありますな。最有力と考えていた愚連隊がまさかの敗退で決勝戦はテンコジVSスワコンで争うこととなりました。

ちょっと情報収集をと、各スポーツ新聞のウェブサイトを見てまわるとバダ・ハリとレミー・ボンヤスキーの決勝のニュース一色!新聞で見る分には楽しいですが横浜アリーナくんだりまでチケット買って観戦に行っちゃった人、ご愁傷様。おかげでプロレスは隅に追いやられるどころか扱われてさえおりませんでした。重ねて残念であります。

さてそれではテンコジVSスワコンの展望を。
今年の最強タッグ冒頭あたくしはこんな予想をたてました

   本命:ケア&鈴木(愚連隊)
   対抗:小島&天山(テンコジ)
   そして大穴:諏訪魔&近藤(VM-OB)

でもね、気がつくと諏訪魔&近藤組にいつの間にか夢中に。ウェブからとれる情報とプロレス雑誌を取れるだけとっていたらやられちゃったんであります。
リーグ戦のリベンジをテンコジが果たして史上初のG1タッグ&最強タッグ2冠も見てみたい気がしますが、スワコンが優勝した姿も見てみたい・・・。ちょっと決めがたい。でも予想はきちんと発表するという自分に課したセルフルールに乗っ取って





優勝は諏訪魔&近藤組


でお願いします



はい、それではみなさんとは後夜祭という名の反省会でお会いしましょ!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。