2008 G1クライマックス前夜祭

立秋を過ぎても残暑厳しい今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
馬場体制の頃から生粋の全日ファンのため、某団体で暑苦しい時期に開催されるシングル総当たりマッチには例年あまり興味を示さないあたくしでありますが、今年はデンジャラスKと小島選手が参戦とゆーことなので、追ってみることにいたします。

さて初日:愛知県体育館の公式戦はつぎのとおり。
 Aブロック 棚橋vs井上、中西vs大谷、バーナードvs小島
個人的にはスーパージュニアを制してヘビー級へ転向した井上選手がどこまでヘビー級戦線で食い込んでいけるのかという点に非常に興味があります。そしてVMを卒業した小島選手にも期待!


 Bブロック 天山vs川田、永田vs中邑、矢野vs吉江
ピンポイントで川田選手を応援しているBブロック。ゴツゴツしてそうな対天山は見どころだと思っていたのですが、いきなり実現!
袂を分かれた吉江選手もどのくらい古巣で成長っぷりを見せられるんでしょうかねぇ。そのへんもちょっぴり気になる部分であります。

ってなわけで予想をドン

2008g1no001

星取表のカラーリングをご覧いただければおわかりのとおり、デンジャラスK一色となっております。
今年のG1の顔ぶれを見るとゼロワンMAXやドラディション、全日本プロレスへ移籍したと言ってももとは同じ釜のメシを喰ったヤツラ。唯一川田選手は全日本プロレスの純粋培養ですからこのあたりで王道を見せてほしいですな。そーいや四天王と同世代の蝶野サンはどーしたんでありましょう?もう半分リタイアなんでしょうか。まぁ。レジェンドなんてまわりが評価して呼ぶものであって、自ら名乗るようになっちゃダメダメですわな。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。